1. トップページ
  2. 悩み解消
  3. 射精の瞬間の気持ちよさを強くするいろいろな方法

射精の瞬間の気持ちよさを強くするいろいろな方法

Presented by 「10倍気持ちいい!男のオナニー方法

最近、なんか射精する瞬間が前より気持ちよくないなんてことないでしょうか?

いろいろ原因がありますが、射精の瞬間の気持ちよさをアップさせる要因がいろいろあるので整理しました。

射精の瞬間を気持ちよくするテクニックいろいろ

精液の量を増やす

20代になると精液の量が極端に減る人が増えてきます。ストレスや生活習慣が影響しています。

精液の量が減るということは男性ホルモンの低下も疑われるので、元気がない、性欲がわかないという現象も出てきます。

そして精液の量が少ないということは、それだけビクン!ビクン!と脈打つ回数が減るんですよね。脈打つ度に精液が出るじゃないですか。精液の量が少ないとビクン!となる回数も強さも弱くなります。

だから精液の量が増えるとビクン!の回数と強さが増えるんですよね。このビクン!が射精の瞬間の気持ちよさなんですから、精液料を増やすことができれば気持ちよくなれるということなんです。

精液量増やすには、手っ取り早いと試されているのはアミノ酸を摂取することです。ビール酵母を飲むと精液量が増えると言われているのはこのせいです。特に精液量、男性ホルモンに関係しているのはアルギニンですよ。

なるべく時間をかけてオナニーする

いわゆるスローオナニーですね。

これはみなさん経験あると思うのですが、オナニーなりセックスなり時間がかかると射精する量が増えます。結局上で書いたことと同じ。

ただスローオナニーの場合、射精の精液量が増えて気持ちよくなるだけでなく、時間をかけるという焦らし行為で、射精に対する欲望が高くなることでも気持ちよくなれますね。

ただ遅漏の人だと関係ない話だと思います。

前立腺を刺激する

前立腺をエネマグラ前立腺バイブレーターなどで刺激しながら射精すると簡単に気持ちよくなれます。

前立腺は開発しないと本当の気持ちよさは感じられませんが、いきなりでも射精の気持ちよさは変化します。

射精する瞬間は特にエネマグラ等のヘッドが前立腺を押し上げるので、いつも以上に筋肉が収縮して勢い良く精液が飛び出します。その快感の強さは、普通のオナニーでさえ声が出てしまうほどです。

我慢できずにイッてしまう

射精する瞬間はあーもうイク…と諦めて射精してしまう場合と、我慢していたけど我慢しきれず思わず出てしまう場合の二種類あります。

どっちも気持ちいいのですが、我慢に我慢したあとて暴発気味に出ると射精の瞬間が気持ちよくなります。

ただ我慢しすぎて、射精が始まりかけているのを、ペニスの根元を強く抑えて制御するのは避けたほうがいいです。これをやると精液が逆流して炎症を起こしてしまう可能性もあります。また一度これをやると、射精の瞬間があまり気持ちよくなくなります。

あくまで我慢するのは意識だけでペニスの根元の奥を締め付ける感じで我慢してみてください。その結果、もう筋肉が締め切れずに射精してしまうといつもより気持ちよくなれます。

本当に気持ちいいアダルトグッズNo.1

A10サイクロンSA ~ 射精前が気持ちいい唯一のオナホ

電動回転式オナホ。普通のオナホのほうが安いし、回転刺激はそんなに気持ちよくないと敬遠している人も多いですが、一度体験すると、多少面倒な本機の使用もストレスを感じなくなります。オナニーの最初から射精までがずっと気持ちいい。最後だけ気持ちいいなんて損をしていることに気づくはずです。