1. トップページ
  2. 悩み解消
  3. 射精後の虚脱感と虚しさが強いのを軽くする方法

射精後の虚脱感と虚しさが強いのを軽くする方法

Presented by 「10倍気持ちいい!男のオナニー方法

男性のオナニーが虚しいというイメージは、射精後にすぐ訪れる虚脱感と虚しさのせいです。

女性と違い男性は射精により一気に性欲がゼロになるため、射精したことを、オナニーしたことを時間の無駄と感じてしまうほどです。

逆にセックスの場合、ゆきずりのいい加減なものでなく充実した内容であったなら、射精したあとも比較的気持ちが落ち込まず、少なくとも無駄であったと感じることはありません。

この違いを埋めることができれば、オナニーであっても虚脱感と虚しさから開放され、オナニーすることへの嫌悪感や面倒な気持ちがなくなり、よりより性生活を送ることができます。

射精後の虚脱感・虚しさの原因と解決方法

時間をかける

オナニーはサッと抜くようなやり方をすれば虚しさが大きくなります。逆に時間をかけてすれば気持ちいい余韻が長くなるので虚しさが少なくなります。

いつも短時間で激しくやってしまう人は、いつもの倍以上の時間をかけてじっくりやってみましょう。それだけでも違います。もしくはスローオナニーや亀頭オナニーなど時間がかかるやり方をするのもいいですね。

射精の瞬間に何かに抱きつく

女性がイクときに男性の体をギュッと抱きしめたほうが気持ちよさが続くように、男性も射精する瞬間に何かに抱きつけば射精の気持ちよさと余韻が長続きます。

オナニーホールを布団に包んで擬似ラブドールとして使う方法が昔からありましたが、射精するときに抱きしめることでより満足感が得られるのもメリットの一つでした。

エアダッチなどのラブドールが一般的になり人気になっていますが、あれの良さはセックスの時と同じく射精するときに抱きしめられる点が大きな利点です。

また抱きしめなくても女性の腰を持ちながらのように、掴みながらというのも射精の気持ちよさと余韻を長引かせるので虚しさが大幅に減ります。

体全体を使って疲労感を分散させる

頭を使う仕事をする人が体調不良を訴える原因に、頭はすごく疲れているけど体が元気という疲労のギャップがあります。

これがセックスとオナニーとの違いにも当てはまり、セックスに対してオナニーは手だけしか使わないため、射精後の気持ちよの減退が如実に現れやすくなります。

セックスの場合、準備から愛撫に腰を振ってのピストン運動にとなかなかの重労働です。そのため体に疲労とまでいかなくても働いたという実感があります。この達成感があると射精後の気持ちの減退が紛らわされて軽くなります。

実際に虚しさのレベルが落ちるわけではありまえんが、ごまかされるというか感じにくくなります。

このことがうまく再現されているのが前立腺オナニーやラブドールを使ったオナニー方法です。

前立腺オナニーはじっとしていますが、実は体全体を非常に使う地味な疲労感があります。ラブドールは女性とのセックスと同じように腰を振って行うので同じような疲労感が残ります。

手だけ動いてサクッと射精するのと違い、体を大きく使うことで虚脱感・虚しさはかなり軽減されるということです。

精液を増やす

射精後の気持ちの落ち込みが激しい人は精力が落ちていることがあります。

精力が落ちているということは男性ホルモンの分泌量が低下しており、同時に精液の生産量も減っています。直接的には精液を増やす努力をすることで男性ホルモン低下の影響を抑えることができ、射精後の気持ちの落ち込みを防ぐことができます。

男性ホルモンを高める方法は、まず成人病と呼ばれる病気やそれに近づける生活習慣を見直すことです。ED患者の多くは成人病も併発していることから、成人病は男性機能を弱めることが分かっているからです。

特に胃腸に気を使ってください。暴飲暴食は確実に男性機能を弱くします。精力が強い男性は食事も酒も豪快にこなすイメージがありますが、実際のところはかなり質素で健康的な生活をしている人が多く、スポーツなどに取り組んでいる人の割合が多いものです。

簡単に取り組める方法としてはアルギニンが含まれたアミノ酸サプリメントをとることです。アルギニンは男性ホルモン増加、精液量増加、ペニスの勃起力の要となる血流アップに欠かせないアミノ酸です。精力サプリメントにも多く含まれています。

精液が増えることで男性ホルモンも高まり、精力も満ち満ちてきます。一度の射精で使い切るような精液量でなければ、射精後の気持ちの落ち込みは緩くなります。活力ある、パワーある男として精液量は一定のバロメーターとなります。

本当に気持ちいいアダルトグッズNo.1

A10サイクロンSA ~ 射精前が気持ちいい唯一のオナホ

電動回転式オナホ。普通のオナホのほうが安いし、回転刺激はそんなに気持ちよくないと敬遠している人も多いですが、一度体験すると、多少面倒な本機の使用もストレスを感じなくなります。オナニーの最初から射精までがずっと気持ちいい。最後だけ気持ちいいなんて損をしていることに気づくはずです。