1. トップページ
  2. 道具一覧
  3. 前立腺バイブレーターの種類と特徴

前立腺バイブレーターの種類と特徴

Presented by 「10倍気持ちいい!男のオナニー方法

前立腺バイブレーターのタイプ別ブランドと特徴

NEXUS REVO INTENSE(ネクサスレボ インテンス)

これは持っておいて損無いです。前立腺攻めのAVでも使われています。

バイブレーターとしての機能は会陰に対してだけなので厳密に言うと前立腺バイブレーターではないのですが、前立腺オナニーをするなら一度は試さないといけない逸品。

これまでの前立腺グッズで不可能だった、指で前立腺をマッサージする動きが電動で可能になっています。ちょうど指でグリグリと回す感じになるようにヘッドの先端のみがスイング回転。M性感で前立腺マッサージされているときみたいです。

前立腺の開発、純粋に医療行為として行われる前立腺マッサージとしても使えるほどのものです。

REVO(初代)、REVO2、INTENSEと進化しており、REVO2とINTENSEはほぼ同じですが、前立腺により当たりやすく設計変更されており、価格も変わらないのでINTENSEを買うのが正解です。

>>NEXUS REVO INTENSE ~ 世界で唯一、指の代わりに前立腺を揉んでくれる

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)はこのシリーズ初の無線リモコンタイプです。

これにより、従来の問題点だった動作スイッチの操作がやりにくいという問題点が解決されています。

以前はスイッチをうまく押せないということ多く、家族が部屋に入ってきそう!というときに、慌てて押してもスイッチが反応しない!なんてことがありました。

誤作動を防ぐためのしっかりした作りが裏目になっているところがありましたし、頻繁に動作モードを変えるには不便でした。しかし無線リモコン動作になったことで、スイッチのONとOFFはかなりやりやすくなりました。

価格も従来製品とほとんど変わらないので悩みどころです。

>>NEXUS REVO STEALTH ~ 突然のスイッチオフでも心配ない無線リモコンタイプ

DUKE(デューク)

前立腺を振動して揺らしたいならこれというくらいの機能です。挿入するだけで誰でも前立腺に振動を与えることができる形状です。

前立腺に当たるヘッド部分にバイブレーターモーターが入っていないので振動パワーが弱いかもと想像するかもしれませんが、実際に使ってみると前立腺にかなり振動が伝わるのが分かります。

仕組みとしては取り外しできるローターを差し込むことができるエネマグラみたいなものですがよく設計されているため、この振動だけで頭が真っ白になってくるくらいです。

>>DUKE ~ 簡単に前立腺の気持ちよさが分かる確実なヤツ

ANEROS系 VICE(アネロス ヴァイス)など

エネマグラ(アネロス)正規版のバイブレーター機能付きタイプです。エネマグラ形状のバイブレーターはいくつもありましたが、正規版のエネマグラ(アネロス)は振動付きを長く出してきませんでした。

想像するにドライオーガズムの近道を提供してきたブランドにあって、特に気持ちよくもないバイブレーション機能を世に出す必要性はなかったからでしょう。

ただアネロスブランドに統一されてから積極的にバイブレーション機能付きのものを出してきました。アネロスブランドは常に形状を研究した新型を出してきています。バイブレーション機能を活かせる、気持ちよくなれるということでリリースしたのでしょう。

実際に形状は本家らしく安定して前立腺に当たり、的確に振動が伝わるので前立腺液がペニスから漏れだしてきますね。

>>ANEROS VICE ~ エネマグラの計算された形状だから端から端までクル

NEXUSシリーズ GYRO(ジャイロ)など

イギリス発のNEXUSシリーズでバイブレーション機能に特化したモデルが数種類発売されています。

NEXUSシリーズはREVOタイプで一気に知名度が上がったためこちらのバイブレーション機能タイプは忘れられがちですが、作りや形状はよくできており、さすが前立腺オナニー先進国イギリスといった感じです。

ただ製品的に向こうの男性の体格向けで作られているので、小柄な人だと苦労するモデルもあるので選ぶ際は注意。特にGYROはかなりの重量級なので初心者にはおすすめできません。GLIDE(グライド)、NEO(ネオ)、EXCEL(エクセル)などが使いやすいですね。

他ブランドにはないヒダヒダが付いた形状のTITUS(タイタス)モデルもあり、色々な形状から選ぶことができます。

>>NEXUS GYRO ~ 床に押し付けてグリグリ自分で責められる

BOSS(ボス)シリーズ シリコン プロステータなど

純シリコンで全体を作った高品質アナルプラグにバイブレーターを仕込んだタイプ。シリコン系素材の中ではかなり割安で手に入るため、太さや形状など数を揃えやすく自分に合うバイブレーション機能付きアナルプラグが見つかります。

アナルプラグ形状なのでカーブしておらず、モデルや使う人の姿勢、体型によって前立腺への当たり具合は大きく変わります。外出時の野外アナル・前立腺オナニーとして非常に使いやすい逸品です。

>>BOSS シリコン プロステータ ~ シンプル・安い・安定する形状

前立腺バイブレーターが気持ちいいオナニーに欠かせない理由

前立腺オナニーが一般的になったのはエネマグラ(アネロス)の登場によります。ただ前立腺が気持ちいいと確証が持てる男性が少なく、エネマグラのようなソフトな刺激ではなく振動というはっきりした刺激がすぐに求められました。

そして登場したのが前立腺バイブレーターです。女性がバイブレーターで感じるように男性も前立腺のあるアナルならバイブレーターで感じれるのではないかと考えるのは自然です。

ただ前立腺バイブレーターは長年まともなグッズが出てこず使いものにならないものが多かったです。

問題点として作りが雑でアナルが出血するようなもの、アナルの締め付けで振動が止まってしまうパワー不足、前立腺に安定して当たらないといったことが目立ちました。

最初に出てきたのがエネマグラのバイブレーター機能付き。形がエネマグラなので前立腺に当たりやすいといえば当たりやすいのですが、通常より太かったりバリがひどかったり正直あまり使い物にならないものでした。とにかくただ尻の中で振動しているだけで意味がなく気持ちいいものではありませんでした。

その後そこそこのものが出はじめましたが、一気にこのジャンルが激変したのがイギリスやドイツの前立腺グッズの輸入開始です。

海外では前立腺オナニーは日本よりはるかに進んでおり、そのグッズも品質がずばぬけていました。これにより今まで使い物にならなかった前立腺バイブレーターは一気に意味があるものに格上げされました。

特に海外系のものは素材に医療用シリコン系素材を使うなど、デリケートな直腸粘膜を傷つけない仕様、アナル向けローションが馴染みやすいなど使用性にも優れています。

アナル向けグッズはシリコン系素材がもう当たり前となっているので、それ以外の材質のものは対象外としたほうがいいでしょう。

本当に気持ちいいアダルトグッズNo.1

A10サイクロンSA ~ 射精前が気持ちいい唯一のオナホ

電動回転式オナホ。普通のオナホのほうが安いし、回転刺激はそんなに気持ちよくないと敬遠している人も多いですが、一度体験すると、多少面倒な本機の使用もストレスを感じなくなります。オナニーの最初から射精までがずっと気持ちいい。最後だけ気持ちいいなんて損をしていることに気づくはずです。